農業利益創造研究所

作目

儲かる野菜はどれ?販売金額や所得を徹底調査(露地栽培編)

個人情報を除いた2020年の簿記データ(ソリマチ農業簿記ユーザー:青色申告個人農家16,590人)を統計分析しました。統計基準や用語の解説は「統計分析に使用している用語の説明」をご参照ください。

今回は誰もが気になる「どの野菜が儲かるのか?」について掘り下げます。より特徴を掴むために「露地栽培」「施設園芸」の二つに分けて、分析を行っています。

なお、米・茶・たばこ・花き・樹木・果樹等が主幹作目であるデータは除外し、「野菜」が主幹作目である農家の簿記データのみを分析対象としています。また、販売金額200万円以下のデータは除外し、小さな兼業農家は分析に含めていません。

今回の記事では「露地栽培編」と題し、露地栽培の野菜についての結果をお知らせいたします。

手掛けている農家が多い「人気」の露地栽培野菜は?

canvas not supported …

まず、農家がメインで栽培している「主幹作目」についての分析です。圧倒的にばれいしょが多く、次点がトマト、続いてたまねぎとなっています。

第一位のばれいしょを栽培している農家は、大半が北海道に位置しています。それだけ北海道に野菜農家が多い、ということになります。それとは裏腹に、第二位のトマト、第三位のたまねぎは日本全国で広く栽培されているため、上位にランクインしたと考えられます。

露地栽培野菜の平均作付面積・販売金額は?

次に、主幹作目である野菜の農家一件当り平均作付面積(a)について、調べてみます。

canvas not supported …

ばれいしょ、たまねぎ、甜菜が突出していますが、この三つを手掛ける農家は大半が北海道です。そもそもの土地が広いため、やはり作付面積も広くなっているようです。

北海道で栽培されているこの三つを除外すると、作付面積がもっとも広いのはキャベツ、続いてブロッコリーです。これらの野菜は種まきができる時期が長く、少しずつ時期をずらして作付できることが、広範囲となっている理由の一つかもしれません。

それでは、農家一件当りの平均販売金額(千円)も見てみましょう。

canvas not supported …

またしても、北海道組のばれいしょ、たまねぎ、甜菜が群を抜いています。ただし、先ほどの作付面積も合わせて考えると、作付面積が広いのでたくさんの収穫ができ、販売金額も高い、という構図になります。

たとえば、甜菜の平均作付面積はいちごの約九倍ですが、販売金額は約二倍にとどまっています。ここから、いちごの方が甜菜よりも作付面積当たりの販売金額は高い、つまり効率よく稼げているのでは?という推測も成り立ちます。

ちなみに、平均販売金額÷作付平均面積の数字を比較してみると、もっとも高いのはすいかで、次点がいちごです。これらの野菜は作付面積に対して効率よく利益が出る、と判断できます。

【露地栽培】作付面積(a)当りの販売金額 トップ5
1位 すいか 163,998円/a
2位 いちご 117,164円/a
3位 にんじん 106,579円/a
4位 ねぎ 100,382円/a
5位 ミニトマト 97,777円/a

また、レタスとキャベツの項目に着目してみると、平均作付面積はキャベツ>レタスですぐ、平均販売金額はレタス>キャベツです。このデータから考えると、露地栽培においてはキャベツよりレタスの方が利益を出しやすいと考えられます(実際はその地域の気候や土壌にも左右されるでしょうが)。

露地栽培野菜の平均所得・所得率は?

販売金額が高かったとしても、費用がかさんで最終的な所得が低いのであれば、本当の意味で儲かっているとは言えません。肝心の平均所得・所得率について見てみましょう。

canvas not supported …

甜菜とばれいしょが高いのは相変わらずで、北海道の強さが目立ちます。しかし、たまねぎの項目を見ると、販売金額は第一位だったのに、所得は第五位と大幅に下がっています。つまり、たまねぎはそれだけ大きな費用がかかるのではないか?と推察できます。

また、平均販売金額では五位だったすいかが、堂々の三位に躍り出ています。すいかは販売金額が高く、費用が抑えられている野菜だという分析が成り立ちます。

次に、所得率についても見てみましょう。なお、所得率=世帯農業所得/収入金額計(販売金額+家事消費+雑収入±棚卸)です。

主幹作目 所得率
ばれいしょ 27.6%
トマト 28.1%
たまねぎ 18.8%
ねぎ 26.8%
甜菜 27.4%
いちご 30.2%
すいか 39.9%
ブロッコリー 25.2%
にんじん 25.8%
ミニトマト 21.8%
レタス 25.0%
キャベツ 20.7%

いちご、すいかなどの果実的野菜の所得率が高い傾向にあります。こういった果実的野菜は高単価の物が多いため、利益が出しやすいのかもしれません。主要作目としている農家がもっとも多かったトマトも、所得率が高い傾向にあります。

なお、野菜栽培は稲作に比べると補助金収入が少ない傾向にありますが、所得率が稲作に比べて高い、ということはありませんでした(参照:全国で稲作農家の所得率が一番高い都道府県はなんと〇〇県!)。

まとめ

稲作の分野でも北海道は所得額で一位を誇っていましたが(参照:稲作農家の所得が高い都道府県はどこ? まさか米どころ新潟県が...)、野菜栽培でも北海道は非常に有利なようです。

しかし、他の地域で栽培可能な野菜でも所得率で優っているものはありますから、北海道以外でももちろん利益追求の道はあります。全体としては、高単価で売りやすい果実的野菜の利益が高い傾向にありました。

今回は地域を考慮に入れず、全国規模での傾向分析を行いました。転作や作目を増やすことを検討している方は、農業を行う地域の特徴を考慮に入れた上で、ぜひこれらのデータを参考にしてみてください。

「儲かる野菜はどれ?販売金額や所得を徹底調査(施設園芸編)」も、ぜひご覧ください。

南石教授のコメント

露地野菜は、初期投資が少ない作目なので、新規就農もし易いし、農家の新たな挑戦もし易いです。その一方で、農地のある地域の土壌や気象の影響を直接うけますから、栽培技術力がないと期待した収量・品質が得られないことも多いです。

こうした視点から分析結果をみると、作付面積(a)当りの販売金額は、1位すいか、2位いちご、3位にんじん、4位ねぎ、5位ミニトマトとなっており、興味深いです。

1位すいかの作付面積(a)当りの販売金額は、2位いちごの1.4倍、5位ミニトマトの1.7倍になっています。いちごやトマトは労働集約的で土地生産性が高いイメージがありますが、そのイメージとは違う結果となっています。

今回の分析では販売金額に着目しているが、付加価値額での分析結果がどうなるか興味は尽きません。なお、一般的に、土地生産性=付加価値額/経営耕地面積、労働生産性=付加価値額/労働時間として算出されます。

 この記事を作ったのは 農業利益創造研究所 編集部

農業者の簿記データとリサーチデータをデータサイエンスで統計分析・研究した結果を、当サイトを中心に様々なメディアを通じて情報発信することで、農業経営利益の向上に寄与することを目標としています。