農業利益創造研究所

 執筆者のご紹介 木下 徹(農業経営支援研究所)

神奈川県生まれ。茨城県のJA中央会に入会し、農業経営支援事業を立ち上げる。

より農家と農業現場に近い立場を求め、全国のJAと農家に農業経営に関する支援を進めるため独立開業に至る。(農業経営支援研究所

木下 徹(農業経営支援研究所)

コラム

雇用に経営を合わせる? 常時雇用をするために求められること

農業が人手不足に陥る原因の一つは常時雇用が難しい点にあります。今回は常時雇用を考えるべき条件等を経営面から掘り下げます。

コラム

年間雇用の農業経営は所得向上につながっているのか?

農業で人を雇うことは、所得向上に繋がるのでしょうか?今回は雇人費と経営の関係をデータから掘り下げます。

コラム

トマト農家の収益性を徹底分析! 有名ライバル産地の現状を探る

全国的に栽培されている野菜「トマト」を扱う農家の収益性や費用、地域差を分析します。利益が出ているトマト農家の秘訣は?

コラム

経営分析の基本と本質(後編)「分析目的により数値化する」

専門用語や数式を知らなくとも、経営分析は可能です。前回に引き続き、経営分析のための会計データの整理方法から解説します。

コラム

経営分析の基本と本質(前編)「分割して比較する」

今回は、農家の経営分析で最低限必要なデータとその整理の仕方について、具体例を交えてご説明していきます。

コラム

優良経営農家とそうでない農家の費用構成は作目別に特徴がある

営農類型別に、世帯農業所得率の高い農家グループと低いグループの費用の使い方を分析し、経営改善の方向を探ります。