農業利益創造研究所

 執筆者のご紹介 木下 徹(農業経営支援研究所)

神奈川県生まれ。茨城県のJA中央会に入会し、農業経営支援事業を立ち上げる。

より農家と農業現場に近い立場を求め、全国のJAと農家に農業経営に関する支援を進めるため独立開業に至る。

木下 徹(農業経営支援研究所)

コラム

2020年に儲かった作物分野は? 様々な数字を徹底比較

コロナ禍でもある2020年に儲かった作物分野は何でしょうか?所得、所得率、雑収入、減価償却費、雇入費をそれぞれ比較してい・・・

コラム

2020年、コロナ禍の中で農業経営はどうなった?

コロナ禍で様々な業種が大打撃を受ける中、農業も例外ではありませんでした。簿記データから2020年の農家の経営実態を探って・・・

コラム

水稲だけでも利益は出る? それとも複合経営がベスト?

米価低下などの理由で経営が厳しくなる中、現在も高い所得率を誇る稲作農家は、どのような経営戦略を取っているのでしょうか。

コラム

3Kだった時代はもう昔話?農家はサラリーマンより高所得

「農業は3K」のイメージは古い!?専業農家とサラリーマンの平均所得を比較すると、明るい結果が導き出されました。

コラム

農業機械は可愛い孫か、放蕩息子か? 機械化貧乏になっていませんか

利益のためには「売上を上げる」だけではなく「費用を抑える」努力も必要です。農業にかかる費用の傾向について考えていきます。